CSR活動

昭建のCSR基本方針

昭建は「豊かな社会環境の創造に貢献」という経営理念に基づいてCSR基本方針を定め、
本方針に基づき、公共性の高い事業を通じて
豊かで持続可能な社会の実現に貢献します。

CSR基本方針

CSRの目的と基本

建設産業が創りだすものは、長期間に渡り社会や人々の生活を支える存在であり、社会や顧客の信頼のもとに、社会の持続的な向上と建設産業の安定的な発展を共存させていくことが、昭建のCSRの目的です。本方針に基づき、建設業を通じて社会の持続的発展に貢献することを目指します。

建設を通じた社会への貢献

長年にわたる経験で培われた技術力を基盤として、誰もが安全かつ快適に利用できる良質なソリューションをお客様に提供することにより、安心・安全な社会の実現に貢献します。

環境保護活動の推進

持続可能な社会を実現するために、環境保護への啓蒙活動を推進します。全ての事業活動において、環境負荷の低減を目指し、また環境対応の技術・ソリューション通じて、環境保護へ貢献をいたします。

社会貢献活動の推進

共に地域に暮らす市民として、地域住民とのコミュニケーションに努め、事業特性を活かした社会貢献活動を実践し「良き企業市民」としての役割を積極的に推進しています。

働きやすい職場作り

地域住民を積極的に雇用し、従業員一人ひとりが能力を十分に発揮して活き活きと働き続けることができる安全で働きやすい職場環境の構築に努めると共に、意欲ある社員の豊かな人生を応援します。

事業継続計画への取り組み

大規模災害などの場合の人命の安全確保や社会資本の保全など、建設企業としての社会的責任を果たすべく、BCP(事業継続計画)に積極的に取り組んでいます。

安全と品質への取り組みはこちら
ページを印刷