昭建の技術

アクリアDXN(ダイオキシン類汚染水処理装置)

アクリアDXN

高速多層繊維ろ過方式を用いて
ダイオキシン類汚染水を浄化する処理装置です。
低コスト、驚異的な浄化能力、コンパクトで
可搬式などの特長を備えています。

アクリアDXN工法の特徴

大処理量と長時間継続ろ過を実現

アクリアDXNは、ダイオキシン類汚染水を浄化する処理装置で、砂ろ過における多層ろ過装置の利点を取り入れ、ろ過槽を繊維径の異なるアクリル製特殊繊維により多層化しています。このことにより、従来の単一繊維径では得られない大処理量と長時間継続ろ過を実現しました。繊維ろ材は、数日おきに取り替え洗浄し再利用できます。

アクリアDXN工法の特徴

アクリアDXNの適応場所

本装置の処理能力は各機器の構成を組み替えることで2~15m3/hrまで幅広く対応することが可能になります。したがって、下記のようなダイオキシン類の汚染された場所の水質改善にへと幅広く適用できます。

■焼却炉解体工事での飛灰除染用洗浄水の浄化
■産業廃棄物処理場の浸出水の浄化
■不法投棄場所の浸出水の浄化
■その他の汚染場所(河川、湖沼等の底泥浚渫時の水質浄化)

アクリアDXNの処理フロー

アクリアDXNの処理フロー 図

アクリアDXNの施工事例

アクリアDXNの施工事例 写真

備考:特許 第3148721号・第2542479号 / NETIS登録番号 KK-050115

施工実績の紹介はこちら
ページを印刷