昭建の技術

太陽光発電所メンテナンス(O&M)

太陽光発電所メンテナンス(O&M)

赤外線カメラを搭載したドローンで
パネルの異常個所を特定しオルソモザイク図に描写。
調査レポートをもとに電気系統の精密検査も行い、
洗浄などアフターフォローまで行います。

赤外線カメラとドローンによる調査・点検

1. 事前調査

太陽光発電所の設置状況や周辺地形との接続状況、さらに近隣施設との位置関係を確認し、ドローンのフライトルートや航空法の適合性について調査を行います。

事前調査

2. オルソモザイク図作成

オルソモザイク図作成

太陽光発電所の平面図に代えて、ドローンから撮影する写真を合成しSfMソフトウェア(点群処理ソフトウェア)により「オルソモザイク図」を作成し、調査レポートを作成する際、異常個所を直接「オルソモザイク図」に表示し報告いたします。

3. 赤外線カメラ撮影

自動航行ソフトを利用し、事前に設定したフライトルートを動画、静止画の両画像の撮影を行います。
飛行中、モニター画面で赤外線カメラ画像を直接確認することも出来ます。

赤外線カメラ撮影

4. 調査レポート

赤外線カメラで撮影した画像の分析を行い、事前に撮影したオルソモザイク画像の上に異常個所をプロットし、パネル位置の特定を行います。

赤外線カメラで撮影した動画(編集後の動画)及び異常個所の画像データ(温度データ付)も提供いたします。

<調査レポートイメージ>

調査レポート

5. 精密検査・アフターフォロー

お客様のニーズに応じて太陽光モジュール及び接続箱・ストリング単位の電気的測定を行い数値データやグラフ化によりデータを提供いたします。

太陽光モジュール導通測定
太陽光モジュール導通測定
I-Vカーブ測定内部抵抗値測定
I-Vカーブ測定内部抵抗値測定

<太陽光モジュール洗浄>

高圧水で回転する洗浄ブラシを利用して、パネルにこびり付いた埃や汚れを取り除くことが出来ます。

施工実績の紹介はこちら
ページを印刷