昭建の技術

SPR工法

SPR工法 写真

既設管内に硬質塩化ビニル材製のプロファイルを
スパイラル状に嵌合させながら製管し。
既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填し、
既設管路と一体化した強固な複合管として更生します。

SPR工法の特徴

SPR工法は、既設管内に硬質塩化ビニル材製のプロファイルをスパイラル状に嵌合させながら製管し、既設管と更生管の間隙に特殊裏込め材を充填することにより、既設管路と一体化した強固な複合管として更生する工法です。

あらゆる断面形状に対応

円形管、矩形きょ(ボックスカルバート)、馬蹄形きょ(アーチカルバート)をはじめ、あらゆる断面形状の管路の更生ができます。

SPR工法の特徴 解説図

通水しながらの施工が可能

SPR工法の特徴 解説図

下水を流しながら施工できるため、本管内の仮排水は不要です。

  • ■長距離および曲線の製管が可能です。
  • ■マンホール間を一定の勾配をつけて更生できます。
  • ■更生後の流下能力は更生前の設計流量と同等以上になります。
  • ■更生後の管きょ強度は新管と同等以上に復元します。
  • ■更生管きょは耐久性、耐摩耗性、および耐薬品性に優れています。

SPR工法の施工フロー

1. 製管

プロファイルを既設マンホールから製管機に供給。プロファイルをスパイラル状に嵌合させ、既設管内に更生管を形成します。製管方式には「元押式」と「自走式」があり、既設管の口径によって製管方式を決定します。

SPR工法の施工フロー 元押式 自走式

2.浮上防止兼支保工

裏込め注入の際に、更生管の浮上や変形防止のため、更生管内に支保工を設置します。(図は一例)

SPR工法の施工フロー 横断図

3.浮上防止兼支保工

既設管と更生管のクリアランスにSPR用裏込めモルタルを注入します。

SPR工法の施工フロー

SPR工法の最新工事実績

施工実績の紹介はこちら
ページを印刷